興味がない異性からの誘いを断りたい!5つの方法

恋愛アドバイス

興味がない異性からのお誘いの断り方ってけっこう悩みますよね。

今回は5つの断り方をわかりやすくご紹介。

ポイントは、曖昧に断るか・はっきり断るか、相手との関係性や状況に応じて選んでいきましょう。参考にしてみてくださいね。

「すでに予定が入っている」と伝える

まずは、すでに予定が入っていることを理由に断るケース。

先に予定が入っていれば、相手も諦めるしかありません。

しかし、その場合は「じゃあ、代わりに◯◯日は空いてる?」と、返される可能性もあるので注意が必要。

なるべく、相手に提案される前にこちらから話を終わらせましょう

LINEなどでは、話題を変えるか、いったん返信するペースをゆっくりにするのがおすすめ。

「もしかして、脈なしかな…」と、相手のモチベーションが下がってきます。

「考えておく」とやんわりスルー

具体的に答えず、ビジネスでよくある「検討します」で流すパターン。

「考えたけど、今はちょっと忙しいから…また今度誘ってね」と、社交辞令の断り方も時には必要です。

恋愛対象には入らないけど、良い友人としての関係を壊したくないときは、やんわり、柔らかく相手に伝えてみましょう。

恋の悩みを相談する

誘いを断りたいときは、恋の悩みを相談するのも有効です。

気になる人がいるという相談をすれば、それまで誘おうとしていた相手の思考は一瞬停止します。

そのままこちらのペースで恋の悩みを語りましょう。

恋の悩みを相談して「男性から見てどう思う?」と質問すれば、相手は質問に答えるか、話を止めるかのどちらかだけです。

友達も誘って2人きりを回避

友達を誘うパターンは、2人きりで会うことを避ける手段に使えます。

ただし、誘い自体の話がなくなるかはこの時点では微妙。

そのときは友達の予定を確認すると伝えて、後日予定が合わないとうまくキャンセルしましょう。

はっきり「ごめんなさい」と断る

しつこい相手にはキッパリ断るのがベスト。

その際、理由もしっかり伝えましょう。

「彼氏がいるから」などは、断る言葉としては効果絶大ですが、あとで嘘だとバレないように気をつけて。

このはっきり断るのって、相手と気まずくなったりしてなかなか言いにくいですよね。

ですが、自分の意見をしっかり言える人は、同性から見ても魅力的に見えます。

誘いを断っても、誘われたことに対しては「誘ってくれてありがとう」と伝えてあげてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧